ニュースnews

鼻づまりって?原因と治療法について

  • コラム

 

 

鼻づまりって?

● 鼻づまりの悪影響

なぜ人は鼻で呼吸するのでしょう。 

鼻をつまんで数分間口呼吸すると分かりますが、口呼吸ではすぐにのどがカラカラになります。

これは、鼻呼吸することで吸気を加湿、加温して、喉や気管や肺を乾燥から守っているからです。

鼻づまりによる口呼吸は、喉や気管を痛めやすく、風邪をひきやすく、治るのも遅くなります。

また、鼻呼吸で頭蓋底(脳の底)を冷却しています。

これがなくなるために、「いつでも頭がボーとする」とか、集中力の低下といった症状が出ます。

また、いびきがひどくなり、睡眠が浅くなることも影響します。

治療で鼻づまりがなくなり、「風邪をひきにくくなった」「集中力や持続力が上がった」という声をよく聞きます。

 

● 慢性的鼻づまりは、鼻づまりの自覚がない

 「鼻がつまって眠れない。寝苦しい、、なかなか寝れない。」

こんな症状は誰もが経験あるのではないでしょうか。

鼻がつまって苦しいと感じる人は、鼻が通っている時があるので、つまった時に辛いと感じます。

しかし、小さい頃から鼻づまりで口呼吸が当たり前になっている方は、鼻づまりを自覚していない場合がほとんどです。

手術をして始めて、鼻呼吸の爽快感と、ご自分が鼻づまりであったことを認識される方をよく経験します。

 

鼻づまりの原因

大きく分けて、次の3つの原因が考えられます。

1)副鼻腔炎による鼻茸(はなたけ)や膿性の鼻漏が鼻内に貯留している場合

2)アレルギー性鼻炎や点鼻薬の常用により、鼻の粘膜が腫れている場合(肥厚性鼻炎・ひこうせいびえん)

3)鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)による鼻の骨の構造のゆがみによる場合

以上の原因が考えられますが、これらの原因が混合されている場合が殆どです。

 

鼻づまりのチェック

昼間に鼻が通っていても、夜間に口呼吸になっていることがあります。

夜間の口呼吸は、昼間のものよりも、のどを痛める原因になります。

ご自分が鼻づまりであるかどうかは、「朝、起床時にのどがカラカラになっている」「いびきがひどい」を確かめて下さい。

起床時にのどがカラカラになっていれば、就眠中に口呼吸になっていた証拠です。

 

細田耳鼻科での鼻づまりの治療法

当院では、以下5つの強みをもって、日帰り手術にて鼻づまり症状を改善できるようにしました。

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

他院で改善されない・治らない方も多数いらっしゃいます。

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎ではお薬の治療を2か月続けても不変であれば、手術的な治療を選択します。
病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

手術代はいくらかかるの?

副鼻腔炎の程度により内視鏡下副鼻腔手術の施行範囲に段階があり、それに伴って保険点数も異なります。
また、年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります(3割負担で日帰り局所麻酔 両側手術の場合、約10万~20万円)
費用について、詳しくはこちら
詳しくは、具体的手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)のページでも詳しく記載しておりますので、よろしければご確認下さい。