ニュースnews

鼻づまりや鼻血の原因に!鼻中隔湾曲症とは?

  • コラム

 

2つの鼻の穴をわける間の部分を「鼻中隔(びちゅうかく)」といいます。

中には鼻中隔が大きく左右どちらかに曲がっている人がおり、「鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)」と呼びます。

今回は、鼻中隔湾曲症が引き起こす症状や原因、治療法を紹介します。

 

鼻中隔湾曲症の症状

 

鼻中隔は約90%の成人で湾曲しているとも言われています。

そのため、湾曲をしていたとしても症状が無いことも少なくありません。

しかし、湾曲がひどい場合、以下のような症状を引き起こすことがあります。

 

鼻づまり

湾曲がひどい場合、片方の鼻の穴が狭くなり空気の通り道をふさいでしまうため、鼻づまりを引き起こします。

 

鼻血

湾曲により鼻の内側の粘膜が引っ張られてもろくなってしまい、鼻血が出やすくなります。

 

その他にも、鼻のとおりが狭くて、いびきや呼吸困難、頭痛を引き起こすことがあります。(睡眠時無呼吸症候群)

また、鼻がつまりやすく、細菌が繁殖しやすくなってしまうため、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になりやすくなります。

 

鼻中隔湾曲症はなぜ起こるの?

鼻中隔は比較的やわらかい軟骨と硬い骨とでできています。

大人になるにつれて、どちらも大きくなっていきますが、どちらかというと軟骨の方が早く成長します。

通常はそれほど、差がなく多少の湾曲で済みますが、成長のバランスがひどく崩れてしまうと、湾曲がひどくなってしまう場合があるのです。

 

 

症状がひどい場合は手術が必要

鼻づまりや副鼻腔炎などに対して、薬などで対処をする場合もありますが、鼻中隔の湾曲を直接治療する場合は手術による治療が必要になります。

ただし、湾曲の程度により症状が異なるため、症状がなければ治療の必要はありません。

鼻中隔湾曲症が原因で起こる症状により、生活に支障をきたすような場合や薬などでは症状が緩和しない場合は手術の適応となります。

手術は曲がっている部分の骨や軟骨を切除して、まっすぐの部分を残す「鼻中隔矯正術(びちゅうかくきょうせいじゅつ)」を行い、湾曲した鼻中隔をできるだけまっすぐにして、症状を改善させます。

 

細田耳鼻科での鼻中隔湾曲症の治療法

当院では、以下5つの強みをもって、日帰り手術にて症状を改善できるようにしました。

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

他院で改善されない・治らない方も多数いらっしゃいます。

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎ではお薬の治療を2か月続けても不変であれば、手術的な治療を選択します。
病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

手術代はいくらかかるの?

年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります(3割負担で日帰り局所麻酔手術の場合、約3万円)
費用について、詳しくはこちらをご覧ください。
詳しくは、具体的に手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。

高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)のページでも鼻の手術について詳しく記載しておりますので、よろしければご確認下さい。