日帰りできる耳鼻科の手術

「手術って怖いし痛そうで不安」「治療費や入院費がかかりそう」
「直したいけど入院の時間がとれないし…」と思っていませんか?
細田耳鼻科では入院を必要とする手術を日帰りで行うことで
患者さまへのさまざまなご負担を最小限にします。

年間
900施術実績

日帰り手術の3つのメリット

日常生活の
リズムが変わらない

通常では約1~2週間の入院を必要とする手術を日帰りにすることで、患者様の日常生活のリズムを変えずに手術治療が受けられます。約2~3日で日常生活に復帰できるため、職場や自宅を長時間空けることが難しい方でも治療を受けることができます。

煩わしい入院の
準備が必要ない

入院のたジェットイリゲーションめの準備や予定の段取りの必要がなく、付き添いや洗濯などのご家族への負担が掛かりません。
入院に関する費用も約2~4割抑えられるため、経済的な負担も軽減されます。

心身の負担が
軽減される

今日では技術的な進歩によって、痛みが少なく安全で確実な日帰り手術ができるようになりました。手術後は数日、自宅での療養が必要ですが、入院で病院に拘束される時間との比較や気兼ねせずに療養できる点を考えると心身の負担は最小限に済みます。

当院で可能な日帰り手術の症例

横にスクロールできます

手術箇所 疾患 手術
耳の手術 滲出性中耳炎、耳管開放症鼓膜穿孔、鼓膜穿孔
高度な慢性中耳炎、耳硬化症、顔面神経麻痺
鼓膜チュービング、耳管形成術、鼓膜形成術
鼓室形成術、アブミ骨手術、顔面神経減荷術
鼻の手術 アレルギー性鼻炎、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)
鼻閉、鼻骨骨折
鼻粘膜焼灼術、後鼻神経凍結術、鼻茸切除術
内視鏡下副鼻腔手術(ESS)
鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介切除術、鼻骨骨折整復術
いびきの手術 鼻閉によるもの 鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介切除術
case01

アブミ骨手術

術後に外リンパ瘻(内耳のリンパ液が漏れ出る状態)に伴うめまいが起こる確率が高く、本邦では通常2〜3日のベッド上安静(トイレ、食事を含めて歩行禁止、ベッド上で安静維持)と1〜2週間程度の入院がほとんどの病院で行われています。これに対して当院では、外リンパ瘻を生じない工夫(薄い膜組織でシールドする方法)で術後のめまいを防止しており、患者さんは手術当日に歩行帰宅されています。

case02

副鼻腔炎の手術

術中に視器の損傷(ものが二重に見える、失明する)など重大なトラブルが起こることがあります。特に最近ではマイクロデブリッダーといわれる電動式切除機器が盛んに使用され、スピーディーな手術が可能になりましたが、視器の損傷も減ることなく今だに存在します。当院では、温水にて瞬時に術野を洗浄するジェットイリゲーションや、パワーパンチなる機器を開発し使用しています。さらにCTと術野をつなぐ、ナビゲーションシステムや高解像度の4K内視鏡システムも導入しています。現在まで多数の手術を行っていますが、視器の損傷は一例もなく、短時間の安全・確実な手術が可能です。

主な手術費用

当院で行っている手術はすべて保険適応になります。
高額療養費制度を申請することにより下記の自己負担額をおさえることができます。

横にスクロールできます

鼻の手術 3割負担の
場合(単位:円)
1割負担の
場合(単位:円)
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型(副鼻腔単洞手術)【片側】 ¥36,000 ¥12,000
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型(副鼻腔単洞手術)【両側】 ¥72,000 ¥24,000
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)【片側】 ¥74,730 ¥24,910
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)【両側】 ¥149,460 ¥49,820
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術)【片側】 ¥96,240 ¥32,080
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術)【両側】 ¥192,480 ¥64,160
鼻中隔矯正術【片側】 ¥24,690 ¥8,230
鼻甲介切除術(その他のもの)【片側】 ¥8,310 ¥2,770
鼻甲介切除術(その他のもの)【両側】 ¥16,620 ¥5,540
粘膜下下甲介骨切除術【片側】 ¥10,650 ¥3,550
粘膜下下甲介骨切除術【両側】 ¥21,300 ¥7,100
経鼻腔的翼突管神経切除術【片側】 ¥91,380 ¥30,460
経鼻腔的翼突管神経切除術【両側】 ¥182,760 ¥60,920
鼻腔粘膜焼灼術【片側】 ¥2,700 ¥900
鼻腔粘膜焼灼術【両面】 ¥5,400 ¥1,800
下甲介粘膜レーザー焼灼術【両面】 ¥8,730 ¥2,910
耳の手術 3割負担の
場合(単位:円)
1割負担の
場合(単位:円)
鼓膜形成術 ¥54,300 ¥18,100
鼓室形成術(耳小骨温存術) ¥103,980 ¥34,660
鼓室形成術(耳小骨再建術) ¥153,990 ¥51,330
乳突削開術 ¥36,740 ¥12,250

※上記の表は、当院で行っている手術の主なもののみであり、手術代金のみになります。
※手術代金に、再診料や点滴、使用薬剤などが加算されます。
※手術案内の際、患者様お一人お一人に、詳しい手術費用の概算をお伝えしています。
 これに加え、高額療養費のお手続きを手術前にして頂くことで、窓口負担が自己負担限度額までとなります。

一般的な病院との比較

手術に必要な
期間は?

細田耳鼻科
当日日帰りが可能
一般的な医院
約1~2週間の入院が必要

手術で使用
する麻酔は?

細田耳鼻科
痛みのない進化した局所麻酔で
患者さまとコンタクト取りながら進行

局所麻酔は術中も患者さまの意識がある状態になるため、術者と患者さまがコンタクトを取りながら手術を進行ができます。患者さまにはご自身の状態をモニターで確認していただいたり、耳の聞こえや鼻の通り具合の確認ができます。

一般的な医院
全身麻酔で術者に任せる

全身麻酔は患者さまが眠っている間に手術を行います。麻酔で身体の筋力が弱まるため人工呼吸器や他の薬剤を多く使用したり、複雑な手技や管理が必要です。また、意識のない状態だと不調など訴えることができず、トラブルになることもあります。

どんな器具を
使用して
いるの?

細田耳鼻科
リスクの低いオリジナル器具の開発

患者さまの身体への負担やリスクをより軽減するために、メーカーと共同開発したオリジナルの器具(ジェットイリゲーション・パワーパンチ)を使用しています。これらの技術的な改良によって、重大なトラブル(視器の損傷等)は開院以来、発生していません。

一般的な医院
負担のかかる既存の器具

術者にとっては手術がスピーディーに進行できる器具であっても、威力が強いため関係のない箇所を傷つけてしまう損傷トラブルが増加しています。

治療計画が
ありますか?

細田耳鼻科
病気の完治を目的にし、治療計画を立てる

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎ではお薬の治療を2か月続けて不変であれば、手術的な治療を選択します。病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

一般的な医院
終わりの見えない通院

手術という選択肢がない場合、治療の計画を立てることが出来ず、終わりが見えてこない通院が続きます。「一年間通院したけれど改善されなかった」「症状が変わらないので途中で通院をやめた」という声もよく聞きます。

「治りました」がお伝えできるように

慢性的になった鼻づまりは薬の服用や通院を繰り返しても治らないため、根本的な解決にはなりません。 ですが、手術での治療をお考えの患者さまの中には、手術後の1~2週間の入院期間がネックになっている方もいらっしゃいます。そのため、当院では局所麻酔での日帰り手術によって、患者さまが日常生活のリズムを変えることなく、病気を治せるようにしました。
最小限の通院回数で最適な治療を提供し、患者さまに「治りました」とお伝えできるように。また、患者さまが病気を気にせずに再び人生を送ることができるように。これからも、患者さまの負担を軽減できる日帰り手術を広めたいと考えています。

細田耳鼻科 院長 細田泰男

06-6853-0333
電話予約受付時間
午前 9:30~12:30 午後 15:00~18:00

30分間隔の時間帯指定予約です。