ニュースnews

蓄膿症を予防する方法とは?風邪や鼻炎は早めに対応しよう

  • コラム

 

一度、蓄膿症になると鼻水や出たり、鼻がつまったりといった症状が長引いてしまいます。

そのため、蓄膿症にならないように予防することが大切です。

今回は、日頃から行える蓄膿症に対する予防法について解説します。

 

蓄膿症はなぜなるの?

・「鼻が詰まって苦しい…」
・「鼻水が喉の方に垂れてネバネバして気持ち悪い…」
・「鼻をかんでもかんでもすっきりしない…」
・「頭痛や頭が重たい…」
・「顔(頬や目・鼻の周り)が痛い…」
・「食事の際、匂いも味もわからない…」

このようなお悩みが、蓄膿症の症状です。

蓄膿症を予防するために、なぜ蓄膿症になるのかを理解するところから始めましょう。

蓄膿症は別名、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)と呼ばれます。

鼻の中からつながっている副鼻腔と呼ばれる穴に細菌が入り込み、炎症が生じてしまうことを副鼻腔炎と呼び、それが長引いて慢性的になってしまうと慢性副鼻腔炎と呼ばれます。

つまり、副鼻腔炎を繰り返したり、長引いたりしないような対応をすることが、蓄膿症の予防に重要になります。

 

 

予防のためには風邪や鼻炎を長引かせない?

副鼻腔に細菌やウイルスが入ってしまうのは、次のような病気が原因となることが少なくありません。

・風邪

・ウイルス感染(インフルエンザなど)

・鼻炎

・虫歯

など

つまり、このような病気を症状が軽いからといって放置したり、何度も繰り返してかかったりすると、副鼻腔炎が慢性化して、蓄膿症を引きおこしていまします。

そのため、予防には、風邪や鼻炎など原因となる病気を放置せずに、長引かせないようにすることが必要です。

 

 

日常生活での注意点は?

蓄膿症の原因となる病気を予防するためには、日頃から栄養補給や適度な睡眠、ストレスの軽減に注意して、病気に対する免疫をつける必要があります。

また、鼻の粘膜が傷つくと、細菌が繁殖しやすくなり副鼻腔炎を引き起こしやすくなってしまいます。

鼻をかむさいに優しくしたり、耳鼻科などで鼻の洗浄をするなど鼻の粘膜を保護することも、蓄膿症の予防につながります。

 

 

細田耳鼻科での蓄膿症の治療法

当院では、以下5つの強みをもって、日帰り手術にて症状を改善できるようにしました。

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

他院で改善されない・治らない方も多数いらっしゃいます。

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎ではお薬の治療を2か月続けても不変であれば、手術的な治療を選択します。
病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

 

手術代はいくらかかるの?

副鼻腔炎の程度により内視鏡下副鼻腔手術の施行範囲に段階があり、それに伴って保険点数も異なります。
また、年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります(3割負担で日帰り局所麻酔 両側手術の場合、約10万~20万円)
費用について、詳しくはこちら
詳しくは、具体的手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)のページでも詳しく記載しておりますので、よろしければご確認下さい。