ニュースnews

妊娠中の花粉症・・どうしたら??

  • コラム

 

妊娠中は飲める薬も限られるため思い通りの治療ができないことが多いものです。

妊娠中に花粉症になってしまった方は、今まで飲んでいた薬を飲んでいいのかどうか、ほかに飲んでいい薬があるのかどうか気になるところではないでしょうか。

今回は、妊娠中の花粉症はどうやって対処していけばいいのかをご紹介します。

妊娠中、胎児に影響のない治療法とは?

妊娠中に胎児に影響のない治療は、影響のない順にレーザー治療、点鼻、点眼、全身投与(内服)の順になります。

そのため、医療機関の多くは内服薬よりもレーザー治療や点鼻、点眼薬を優先するかもしれません。

 

妊娠中に花粉症の薬を飲んでいいの?

妊娠中に花粉症の薬を飲んではいけないということはありません。

むしろ、花粉症の薬は内服しても妊娠中の胎児に影響を与える可能性が非常に少ないとされています。

ですが、もちろん妊娠中に飲むことを禁じているいわゆる禁忌と呼ばれるお薬もあります。

妊娠中に禁忌となる花粉症のお薬はセルテクト(オキサドミド)、リザベン(トラニラスト)、アレギサール(べミロラスト)、アタラックス(ヒドロキシジン)、ホモクロミン(ホモクロルシクリジン)などです。

そのため、これらの薬を妊娠前に内服していたという方は妊娠中は内服できないため違う薬を処方してもらうことが必要となります。

また、禁忌ではないもののアセプチン(アゼラスチン)、レスタミン(ジフェンヒドラミン)では人間に対する実験で催奇性の報告はないものの動物生殖試験で催奇形の報告がありますので、慎重投与あるいは、薬の内容を変更することもあります。

また、これらの薬以外でも赤ちゃんの器官が形成される4カ月半くらいまでは薬の処方を検討されることもあります。

 

妊娠中の花粉症対策は?

妊娠中薬が使えないあるいは普段使っている薬が使えないということもあるため、花粉を寄せ付けないということが今まで以上に重要になってきます。花粉症の予防と対策

花粉を体内に取り入れないように、マスクやメガネを着用するのはもちろんのこと、コートなどの衣類もなるべく花粉が付きにくいものに切り替えるとよいでしょう。

帰宅後は手洗いうがい、できればシャワーを浴びるなどして花粉を洗い流してしまいましょう。

また、今まで以上に生活習慣に気を使って、バランスの良い食事を摂取したり睡眠をしっかりとるようにしたりして免疫力を高めるようにしましょう。

 

 

細田耳鼻科での花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療法

当院では、以下5つの強みをもって、花粉症(アレルギー性鼻炎)に対し、日帰り手術にて症状を改善できるようにしました。

(当院では、免疫療法・減感作療法は行っておりません。)

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。

例えば、花粉症(アレルギー性鼻炎)では患者様にあった治療法、手術的治療も含めて、どの治療方針が適切かを選択します。

最新の手術治療も含め、患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

手術代はいくらかかるの?

当院では保険適応になります。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の程度により手術方法を選択します。それに伴って保険点数も異なります。
また、年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります。
費用については、こちらをご覧ください。
詳しくは、具体的手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、アレルギー性鼻炎 花粉症のページでも詳しく記載しておりますので、こちらもご確認下さい。

06-6853-0333
電話予約受付時間
午前 9:30~12:30 午後 15:00~18:00

30分間隔の時間帯指定予約です。