副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)

HOME>鼻の病気・治療>副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)
副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)
fukubi01

原因について

頭部には副鼻腔という空気で満たされたいくつかの空洞があり、これらは自然口と呼ばれる細い管で総鼻道(鼻呼吸の通り道)に繋がり、貯まった膿を排泄することができます。この副鼻腔に慢性的に細菌が感染した状態を慢性副鼻腔炎(蓄膿症)と言いますが、最大の原因は、この自然口(排泄路)の慢性的な閉塞です。自然口が閉塞する原因としては、感染の繰り返しによる炎症やポリープ形成、鼻ススリ癖、アレルギー性鼻炎の合併による粘膜腫脹などが挙げられます。

症状について

副鼻腔に膿がたまり鼻腔粘膜が腫脹することで鼻閉、鼻汁、嗅覚障害が出現し、また鼻汁がノドに流れれば痰や咳となり気管支炎などの原因にもなります。膿や炎症で副鼻腔内圧が上がると頭や頬部、目の痛みを感じ、まれに視力障害に発展することがあります。子供では、鼻の細菌が中耳に移行して、繰り返す中耳炎や滲出性中耳炎などの原因にもなります。これらの細菌感染に伴う症状とは別に、鼻閉による口呼吸の症状がでます。鼻は非常に高性能なマスク機能を持ちます。鼻呼吸することで空中のほこりや花粉の95%を除去して、さらに吸い込んだ冷たく乾燥した空気をほぼ湿度100%に加湿 加温します。特に睡眠中は、副交感神経優位で鼻閉が増悪し口呼吸になりやすいので、起床時にノドがカラカラに乾き、慢性咽頭炎や扁桃腺炎の原因となり、カゼをひくと咽頭痛や咳がなかなか止まらないなど症状がでます。ノドが弱いと思っておられる方の多くに、実は鼻が悪い方が多数おられるのです。さらに、鼻呼吸には脳底を冷却する機能もあり、鼻をつまんでしばらく口呼吸すると頭がボーッとしてくるのはこのためです。鼻閉は集中力など脳機能にも影響しますが、イビキや睡眠時無呼吸などを伴うと、深い睡眠がとれないことで頭重感、注意力散漫、イライラ感などの精神的症状も伴います。高度な睡眠時無呼吸(イビキの途中で呼吸が停止する)では、高血圧、冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病といった全身疾患にもつながることが分かっています。

治療法について

慢性副鼻腔炎には治らない病気というイメージがありました。 しかし、新しい医療で多くの慢性副鼻腔炎が克服できるようになりました。治療には保存的治療(薬や鼻かみなど)と手術的治療があります。基本的には、難治性の副鼻腔炎(ポリープの存在、好酸球性副鼻腔炎、高度の鼻中隔湾曲症を伴う場合など)を除いて、まず薬による治療を1〜2ヶ月程度行います。この治療に抵抗する場合手術的治療を行います。

1) マクロライド系抗生物質の少量長期投与(保存的治療)

マクロライド系抗生物質を少量で2〜3ヶ月間 内服を続けることで、重症例でなければ約7割の症例で治癒が期待できます。マクロライド系の抗生物質は通常の抗生物質と違い、細菌を殺すこと以外に粘膜の繊毛機能などを改善し自浄作用を高める効果があるからです。これに加えて、鼻すすりを避け、鼻かみを頻回に行い自然口を開大することも非常に重要です。当院では 生理的食塩水を使った鼻かみ法 を奨めています。但し、薬が効きにくいことが分かっている難治性の副鼻腔炎(ポリープの存在、好酸球性副鼻腔炎、高度の鼻中隔湾曲症を伴う場合など)の場合には、手術的治療を選択します。

2) 手術的治療 (内視鏡下副鼻腔手術)

マクロライドの治療に抵抗する場合、また薬が効きにくいことが分かっている難治性の副鼻腔炎(ポリープの存在、好酸球性副鼻腔炎、高度の鼻中隔湾曲症を伴う場合など)の場合に行います。手術の最大の目的は、閉鎖した副鼻腔の自然口(排泄路)を清掃し、自浄作用を回復させることです。同時にアレルギーの処理も行いますので、くしゃみ、鼻水もかなり軽減されます。

手術について

日帰り手術について

当院では高度な副鼻腔炎でも日帰り手術が可能です。最新の手術支援機器(フルハイビジョン内視鏡、術中内視鏡クリーナー、マイクロデブリッダー、ナビゲーションシステムなど)の導入に加えて、当院で独自に開発した医療機器(ジェット式洗浄装置、パワーパンチ:永島医科器械株式会社製)を用いることで、短時間の安全で正確な日帰り手術が可能となりました。

fukubi02

麻酔について

鼻の手術は痛いという定説があり、全身麻酔を希望される方もおられますが、当院では開院時より局所麻酔手術を続けています。全身麻酔では多くの薬剤を使い意識や呼吸を止めた状態としますが、これには却って色々な危険が潜んでいます。重大な事故の多くが全身麻酔で起こっていますが、意識のない全身麻酔ではどんなに苦しくても何も訴えることができないことが大きな要因として挙げられます。当院では、局所麻酔の技法を改善することで、ほとんど痛みや苦しみがなく、いつでも患者さんと会話できる状態で手術を行っています。もし手術中に痛みを感じられた場合には、手持ちのボタンを鳴らしてもらうことで術者に知らせることができ、その時点で術者は麻酔を追加します。但し、ほとんどの患者様がボタンを鳴らされることはなく、さらに点滴から抗不安剤も用いますので、ややウトウトした状態で手術を終えられています。

痛みの情報は術者にとって非常に貴重な情報です。患者様とコンタクトがとれ、しかも痛みや苦しみのない局所麻酔であれば、全身麻酔より遙かに安全で優れていると考えています。

手術の危険性について

当院では今までに重大な事故の発生はありませんが、鼻副鼻腔手術では以下の危険性が考えられます。

術後出血:術後2ヶ月経過しますと術後出血はなくなりますが、この間は治癒過程で突然鼻から出血することがあります。出血が高度の場合(2〜3%)には処置が必要となります。手術された患者様には緊急連絡先(術者の携帯電話番号)をお知らせしています。

眼の障害:眼に障害が及ぶと、ものが二重に見える、失明するなどがまれにあります。当院ではこの様な事故は起こっていません。

脳の損傷:鼻の上方は脳ですが、脳を包んでいる膜が破れると髄液がもれる(髄液瘻)、さらに髄膜炎を起こすなどがまれにあります。当院ではこの様な事故は起こっていません。

術後感染:現在、耐性菌(各種の抗生剤が効きにくくなっている細菌)が広く蔓延し、鼻で感染すると発熱や痛みなどの原因となります。少ない頻度(1〜3%)ですが、もし術後感染が起これば頻回の鼻処置や投薬など必要な処置を行います。

鞍鼻(あんび):鼻中隔湾曲矯正術後に、鼻の外見上の高さが低くなることがあります。非常に少ない頻度(1%以下)ですが、この場合、形成外科的手術を行います。

その他まれな問題:極論すれば、心臓や呼吸器に問題が発生し生命の危険を生じることも考えられます。当院ではこの様な事故は起こっていません。

すべての手術にリスクはあり、それに対する可能な限りの予防と対策、また患者様への十分な説明と理解、同意の上で手術を行っております。

術後の生活について

手術当日は出血しやすい状態ですので、自宅ベッド上で安静となります。手術翌日に止血用の鼻内タンポンの半分を抜去します。つぎの再診は1週間後で、この時残りを抜去します。この間は、術後の浸出液や腫れでかなりの鼻づまりとなります。軽労働は術後2〜3日より可能で、この時点より入浴洗髪などを含めて通常の日常生活は可能です。鼻は術後2〜3週間でかなり通るようになりますが、鼻粘膜の創が完全に消失するまで約2ヶ月程度はかかります。この間は、まれに術後出血(突然鼻血がでて止まらない)の危険性があります。問題発生時は、術者に連絡できる体制を取っております。

よくある質問

Q.アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎はどう違いますか?
A.アレルギー性鼻炎は、ダニやほこり、花粉など、抗原に対して過剰に反応するという体質的な疾患です。一方、副鼻腔炎は、カゼなどを契機に副鼻腔に細菌が感染するのが原因です。全く異なる病態ですが、アレルギーがあると鼻腔粘膜が腫れ空気が通りにくくなり、細菌が感染しやすい状況をつくります。従って、アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎は合併していることが非常に多いです。
Q.鼻づまりは市販点鼻薬で治すことはできますか?
A.鼻づまりに即効性のある市販の点鼻薬があります。これらの中には血管収縮剤が含まれており、鼻粘膜の無数の毛細血管を強く収縮させます。これにより粘膜は薄く引き締まった状態となり、鼻の通りは一時的に著明に改善します。しかしながら点鼻薬を長期に常用されると、血流抑制に対抗して毛細血管の異常増殖が起こり、逆に粘膜は腫脹し血管収縮剤に対する反応も悪くなります。このような患者様では、手術時の出血が非常に多くなり、術後の腫れの消退にも時間がかかります。市販点鼻薬の常用は、鼻づまりを悪化させます。
Q.副鼻腔炎は市販の内服薬で治すことはできますか?
A.市販薬の副鼻腔炎に対する医学的な分析や報告は明確なものがありませんので、否定も肯定もできません。
Q.子供の副鼻腔炎 早く気がつくにはどうしたらいいですか?
A.鼻づまりや鼻汁に加えて、いつでも口が半開き、鼻をかまないで鼻ススリをしている、イビキがひどい、集中力がない、中耳炎になりやすい、ご両親や血縁者にアレルギーや副鼻腔炎があるなどの場合は注意が必要です。
Q.副鼻腔炎 日常生活で注意することは?
A.副鼻腔炎では自然口(排泄路)が閉塞することが大きな原因と考えられます。鼻ススリや口呼吸の習慣は、自然口を閉塞させる方向に働きます。当院で慢性副鼻腔炎の手術をされた9割以上の患者様が以前からの鼻ススリ癖がありました。鼻ススリをやめて鼻カミを励行されれば、軽症の方、若年者であれば完治する可能性も十分あります。
Q.どのようなときに手術が必要になりますか?
A.薬(マクロライド抗生剤)や積極的鼻かみなど保存的治療に抵抗する場合、あらかじめ薬が効きにくいことが分かっている難治性の副鼻腔炎(ポリープの存在、好酸球性副鼻腔炎、高度の鼻中隔湾曲症を伴う場合など)の場合には、手術的治療を選択します。
Q.全身麻酔の手術はできますか?
A.当院では全身麻酔を行っていません。お子様など、全身麻酔が必要な場合は、近隣の岩野耳鼻科サージセンター(豊中服部)にて1〜2泊入院で手術を行います。
Q.局所麻酔の手術は痛いですか?
A.局所麻酔の技法を改善することで、ほとんどの方は手術中に痛みを訴えられません。鎮静剤+局所麻で痛みや恐怖を最小限にコントロールすることができます。もし手術中に痛みを感じられた場合には、手持ちのボタンを鳴らしてもらうことで術者に知らせることができ、その時点で術者は麻酔を追加します。しかし、ほとんどの患者様がボタンを鳴らされることはなく、点滴から鎮静剤(抗不安剤)も用いますので、ややウトウトした状態で手術を終えられています。
全身麻酔とは異なり、局所麻酔では基本的に意識はありますが、痛み苦しみのない局所麻酔であれば全身麻酔より安全で優れています。
Q.手術時間は何時間くらいですか?
A.通常、約1時間半~2時間くらいです。
Q.手術痕は残りますか?
A.鼻の穴から内視鏡を用いての手術ですので、外見上の創は残りません。
Q.すぐに手術は受けられますか?
A.手術の予約状況により、お待ち頂く期間が異なります。これに加えて、手術前には心電図、胸レントゲン、採血など(術前検査)を行い全身的問題がないかチェックします。さらにこの結果をふまえて、医師及び看護師より手術の目的と危険性などの説明(術前説明)を行います。これらを含めると、最短でも1ヶ月は先になります。
<手術までの流れ>
術前検査 手術の約2〜3週間前
術前説明 手術の約1週間前
Q.子供の手術はできますか?
A.お子様など、全身麻酔が必要な場合は、近隣の岩野耳鼻科サージセンター(豊中服部)にて1〜2泊入院で手術を行います。
Q.入院できますか?
A.当院には入院設備はありません。
Q.手術は何曜日にしていますか?
A.月・火・水・金 に行っています。全身麻酔が必要な場合、木曜日に岩野耳鼻科サージセンターにて行っています。
曜日により、執刀医が変わります。
Q.手術を受けたいのですが、遠方なので日帰りは難しいのですが?
A.当院では、遠方の方も多くお越しいただいております。近隣のホテルをご案内しておりますので、ご安心下さい。
Q.手術後、どれくらいで仕事できますか?
A.軽労働は術後2〜3日で可能で、この時点より入浴洗髪などを含めて通常の日常生活は可能です。1〜2週間は浸出液や腫れでかなりの鼻づまりとなります。術後2週間でほぼ元の生活に戻れます。
Q.お風呂はいつから入れますか?
A.翌日シャワーのみ可能、2日目以降入浴可能です。しばらくは出血の危険性があり、長風呂は避けて下さい。
Q.運動(プール)はいつから可能でしょうか?
A.治癒過程には個人差がありますが、通常、術後2週間以降可能です。
Q.術後、どれくらいの通院が必要ですか
A.治癒過程には個人差があり通院頻度は若干異なりますが、通常、手術の翌日、1週後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に診察させて頂き、以後6ヶ月おきに定期点検し、術後2年間経過して異常なければ終診とさせて頂いています。
Q.手術が必要な場合、どの程度の費用が必要ですか?
A.副鼻腔炎の程度により内視鏡下副鼻腔手術の範囲が段階的に異なります。また、年齢、所得、限度額認定証の有無などで大きく異なります(3割負担で日帰り局所麻酔 両側手術の場合、8〜22万円)。詳しくは、手術の具体的方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
Q.お支払いにクレジットカードは使えますか?
A.申し訳ございません。お使い頂けません。現金でのお支払いをお願いしております。
Q.任意加入の生命保険の診断書は書いてもらえますか?
A.当院は外来での手術算定をしております。外来扱いの診断書を書かせて頂いております。