鼻の病気・治療nose

いびき(無呼吸)治療と鼻づまり

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠中は軟口蓋と口蓋垂が後方に落ち込んで咽頭が狭くなります。狭くなった咽頭を空気が通過するとき口蓋垂が振動して音が発生します。これがいびきの正体です。

 

習慣的にいびきをかく人は睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrom:SAS)を合併している場合があります。SASは睡眠中に10秒以上呼吸が止まる無呼吸やのどの空気の流れが50%以下になる低呼吸が、1時間に5回以上ある状態です。1時間あたりの無呼吸や低呼吸の回数を無呼吸低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)といい、SASの重症度を決めるときの指標となります。

またSASには咽頭が狭くなることで起こる閉塞性、心不全や脳卒中などが原因で起こる中枢性があります。

●●耳鼻咽喉科で治療を行うのは閉塞性SASです●●

症状について

SASでは深い睡眠がとれないため、日中のだるさや眠気、集中力低下などの症状が出現します。SASが原因となって交通事故や労働災害が発生し社会問題に至った例もあります。

また心筋梗塞、脳梗塞、高血圧症、糖尿病など様々な疾患の発症リスクとなります。習慣的ないびきでは、SASを合併していなくても睡眠中に何度も目が覚めて睡眠が障害され、日中の眠気などを感じる場合があります。また自分では症状がなくてもベッドパートナーの睡眠を妨げている場合があります。

 

診断について

いびきやSASには、鼻中隔弯曲症、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎など鼻副鼻腔疾患を合併していることがあります。これらの疾患は正常な鼻呼吸を妨げるためいびきやSASの悪化要因となり、後述する治療の妨げにもなります。また体形や咽頭の形態も関係しており、肥満の方や下顎が小さい方はいびきやSASを発症しやすい傾向にあります。

当院では、耳鼻咽喉科の専門性を生かし、耳鼻咽喉頭のファイバースコープ検査やCT検査などを行い鼻副鼻腔疾患の有無と咽頭の形態を評価しています。

SASの検査には、自宅でできる簡易検査と一泊入院が必要なポリソムノグラフィー検査(PSG)があります。SASが疑われる場合には、まず簡易検査(アプノモニター)を行います。自宅で検査装置を装着して睡眠中の呼吸状態や血中酸素濃度の推移を測定し、SASの有無や重症度を評価します。簡易検査での評価が難しい場合はPSG検査を行います。(入院検査になりますので検査ができる医療機関にご紹介します。)いびきはスマホアプリで睡眠中のいびきを録音することで、いびきの大きさや発生している時間を評価することができます。

いびきを伴わないSASは中枢性の可能性があります。

 

 

治療について

鼻づまりがあれば、まず鼻の治療を優先します

SASに対する治療は重症度によって異なります。

いびきに対しては、マウスピース、ナステント、ナイトレーズといった治療があります。

 

 ・軽症と中等症のSASにはマウスピースによる治療を行います。

 ・重症のSASにはCPAPという呼吸を補助する装置で治療を行います。

 

また肥満傾向の方はダイエットで適正体重に戻すことも重要です。

いびきやSASは、鼻副鼻腔疾患の有無、咽頭の形態、など様々な要因が関係します。当院ではファイバースコープ検査やCT検査を行うことで、鼻づまりの有無、上気道といびき・SASの状態を総合的に評価し、患者様に最も適した治療方法をご提案します。

鼻づまりの状態でさまざまな治療を行なっても効果が得られません。逆効果なる場合もあります。SASの治療を行う際は、鼻づまりがあればまずそれを治療し、正しい鼻呼吸ができるようにしておくことが重要です。

手術(保険適応)

鼻副鼻腔疾患によって正常な鼻呼吸ができていなければ、上記の治療を行っても効果がありません。

鼻副鼻腔疾患がある場合は、まずその治療を行います。

・鼻中隔矯正術 ・鼻甲介切除術 ・内視鏡下副鼻腔手術

などの手術治療が必要な場合もあります。

 

いびきやSASの治療は単独で効果がでることがあれば、

いくつかの治療を組み合わせなければ効果がでないこともあります。

 

マウスピース(保険適応)

睡眠中にマウスピースを装着することで軟口蓋の落ち込みを軽減させ、いびきや呼吸停止を改善させます。歯科で作成していただきますが、医師からの紹介がなければ保険適応になりません。

 

ナステント(自費)

片側の鼻から挿入するチューブ状の器具です。睡眠中に口蓋垂のレベルまでチューブを挿入することで軟口蓋の落ち込みを軽減し、いびきを改善させます。ネットや当院でも購入して頂けます。

 

 

ナイトレーズ(自費)

(2021年・秋頃導入予定)軟口蓋や口蓋垂にレーザー照射する治療です。レーザー照射で粘膜を引き締めることで軟口蓋の落ち込みを軽減し、いびきを改善させます。自費治療になりますが、マウスピースやナステントと違って睡眠中に器具を装着するわずらわしさがなく自然な状態で就寝できます。はじめは1か月1回を合計3回行います。その後は半年から1年に1回行って、軟口蓋の状態を維持します。

 

CPAP(シーパップ)(保険適応)

鼻に専用マスクをつけて就寝します。気道に空気を送り込む装置で睡眠を補助します。装置はレンタルするのが一般的で、定期的に医師の診察が必要です。