ニュースnews

慢性中耳炎の治療とは?鼓膜の再生には手術が必要

  • コラム

慢性中耳炎は急性中耳炎などが原因で鼓膜に穴があいて、中耳炎が続いたり、再発を繰り返したりします。

そのため、完全に治療をするためには、手術が必要となる場合もあります。

今回は、慢性中耳炎の治療法について解説します。

 

慢性中耳炎の保存療法

慢性中耳炎により、耳からドロッとした液が出てくる耳漏(じろう)が続く場合は、薬の使用により炎症を抑えて、耳漏の分泌を防ぎます。

薬は直接耳に薬を入れる点耳薬(てんじやく)や内服薬を使用します。

ただし、鼓膜に穴が空いており、音が聞こえにくい場合、根本的な治療には手術が必要になります。

 

慢性中耳炎の仕組み

慢性中耳炎の手術療法

鼓膜の穴が小さい場合は、穴が空いた鼓膜をふさぐ、鼓膜形成術(こまくけいせいじゅつ)をします。

局所麻酔のみの短時間で手術を完了して、日帰りで帰ることができる手術です。

鼓膜の穴が大きかったり、音を耳の神経に伝える耳小骨(じしょうこつ)まで炎症が生じて障害があったりする場合は、鼓室形成術(こしつけいせいじゅつ)をします。

鼓室形成術は全身麻酔を行い、顕微鏡や内視鏡で細かい耳の中を観察しながら行います。

鼓膜の閉鎖だけでなく、耳の中の病気の元を取り除いたり、人工の耳小骨を入れたりします。

鼓室形成術は全身麻酔での手術となるため、日本では一般的に入院が必要になります。

(当院では日帰り手術が可能です。)

慢性中耳炎は予防が大事

慢性中耳炎は急性中耳炎から移行する場合が少なくありません。

急性中耳炎を疑われる場合は、早めに耳鼻科を受診して、放置しないようにすることが大切です。

また、慢性化した場合でも、耳漏が続くような状態を放置することで、炎症が耳小骨までおよび、難聴が悪化する原因となります。

病院で耳漏を取り除く治療を行うなど、早めの処置を心がけましょう。

 

 

細田耳鼻科での慢性中耳炎の治療法

当院では、以下5つの強みをもって、日帰り手術にて症状を改善できるようにしました。

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

他院で改善されない・治らない方も多数いらっしゃいます。

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎(蓄膿症)ではお薬の治療を2か月続けても不変であれば、手術的な治療を選択します。
病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

手術代はいくらかかるの?

慢性中耳炎の程度により、手術の施行範囲に段階があり、それに伴って保険点数も異なります。
また、年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります。

費用について、詳しくはこちら
詳しくは、具体的手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、慢性中耳炎のページでも詳しく記載しておりますので、よろしければご確認下さい。