ニュースnews

普通の治療では治りにくい好酸球性副鼻腔炎って?

  • コラム

 

 

副鼻腔炎の中には、通常の副鼻腔炎に対する治療では治りにくく、再発しやすいものがあります。

名前を「好酸球性副鼻腔炎(こうさんきゅうせいふくびくうえん)」といい、国が定める難病にも指定されています。

今回は、好酸球性副鼻腔炎について、症状や原因、治療法を紹介します。

 

好酸球性副鼻腔炎の症状

 

好酸球性副鼻腔炎は鼻の奥に鼻茸(はなたけ)と呼ばれるできものが複数できるのが特徴です。

通常の副鼻腔炎でも鼻茸はできますが、好酸球性副鼻腔炎の場合は両側にできるといった特徴があります。

早い時期から嗅覚が障害され、ネバついた鼻水がでてきます。

これらの症状は治療で改善しても、再発しやすく、なかなか完治しづらい病気です。

また、好酸球性副鼻腔炎は喘息との関わりが深く、喘息を合併したり、喘息から好酸球性副鼻腔炎を発症したりすることも少なくありません。

 

 

好酸球性副鼻腔炎はなぜ起こる?

好酸球性副鼻腔炎は2000年代に入って増加してきた病気ですが、はっきりとした原因はわかりません。

しかし、好酸球性副鼻腔炎の鼻粘膜や鼻茸を調べると、喘息やアレルギーを引き起こす好酸球と呼ばれる白血球の一種が増加しています。

喘息との合併が多いことなどから、好酸球が引き起こす全身的な症状の1つが好酸球性副鼻腔炎なのではないかと言われています。

また、痛み止めに含まれるアスピリンと呼ばれる成分により引き起こされる喘息(アスピリン喘息)で、好酸球性副鼻腔炎が合併しやすいこともわかっています。

 

好酸球性副鼻腔炎の治療方法

通常の慢性副鼻腔炎で使用するような抗菌薬は効きません。

そのため、薬による治療はステロイドを使用して症状の緩和を図ります。

手術は慢性副鼻腔炎と同様に内視鏡を使用して、鼻茸を取り除いたり、副鼻腔を広げたりします。

しかし、好酸球性副鼻腔炎は再発の危険性が高いため、手術をしたあともステロイドの吸入などでできるだけ再発をしないような治療を続けることが重要です。

 

 

細田耳鼻科での好酸球性副鼻腔炎の考え方・治療法

細田耳鼻科での好酸球性副鼻腔炎の考え方

当院では、以下5つの強みをもって、日帰り手術にて症状を改善できるようにしました。

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

他院で改善されない・治らない方も多数いらっしゃいます。

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎ではお薬の治療を2か月続けても不変であれば、手術的な治療を選択します。
病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

手術代はいくらかかるの?

副鼻腔炎の程度により内視鏡下副鼻腔手術の施行範囲に段階があり、それに伴って保険点数も異なります。
また、年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります(3割負担で日帰り局所麻酔 両側手術の場合、約10万~20万円)
費用について、詳しくはこちら
詳しくは、具体的手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)のページでも詳しく記載しておりますので、よろしければご確認下さい。