ニュースnews

自分で守る!インフルエンザ予防法!

  • コラム

自宅で気を付けるだけでOK!なインフルエンザ予防法

・「手洗い」
・「湿度の調整」
・「免疫力を高める」
・「不要不急の外出を避ける」

自宅で気を付けるだけでインフルエンザを予防する方法をいくつかご紹介します。

1、手洗い

インフルエンザは接触感染あるいは飛沫感染であるため、ウイルスが手についた状態で口元に手を持ってきてしまうことによって感染してしまいます。

そのため、手についたウイルスを洗い流すためには手洗いが効果的です。

ただし、流水のみで手を洗ってもウイルスを完全に落とすことはできないため、しっかりと泡立てたせっけんを使用して手を洗うようにしましょう。

インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があるため、手洗い後にはアルコール製剤での手の消毒を合わせて行うことで予防効果が高まります。

2、湿度の調整

空気が乾燥していると、気道粘膜の防御機能が低下するため、インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

そのため、部屋を加湿することが非常に大切です。

加湿器などを使って適切とされる湿度50~60%を保つようにしましょう。

3、免疫力を高める

インフルエンザウイルスは感染したら確実に発症するということではありません。

免疫力が強ければ、インフルエンザウイルスに感染しても症状が出現しないこともあります。

しっかりと栄養と睡眠をとるようにし、ストレスをためないように生活することを心がけましょう。

4、不要不急の外出を避ける

特に繁華街など不特定多数の人がいるところではインフルエンザを発症していなくてもウイルスを保持している人がいるかもしれません。

やむを得ず出かける場合には、マスクを着用して出かけることをお勧めします。

 

インフルエンザワクチン接種も予防として効果的

インフルエンザの予防のひとつとしてインフルエンザワクチン接種もあります。

ただし、インフルエンザワクチンを打てばインフルエンザにかからないというわけではなく、あくまで重症化予防が目的となります。

ですが、6歳未満の小児を対象とした2015/16シーズンの研究では、発病防止に対するインフルエンザワクチンの有効率は60%と報告されています。

これはすなわちワクチンを接種せず発病した方のうち60%は、ワクチンを接種していれば発病を防ぐことができた、ということになります。

そのためどうしてもインフルエンザの発症を予防したいという方は、インフルエンザワクチンの接種も予防としては効果的です。

06-6853-0333
電話予約受付時間
午前 9:30~12:30 午後 15:00~18:00

30分間隔の時間帯指定予約です。