ニュースnews

頭や歯が痛い…。その痛みは蓄膿症が原因かも

  • コラム

歯が痛いといえば、誰もが虫歯だと思われるかもしれません。

でも、蓄膿症が頭痛や歯や頬の痛みを引き起こすことがあります。

今回は、痛みの症状と蓄膿症との関係、基本的な治療方法について紹介します。

 

蓄膿症でみられる痛みってどんなの?

蓄膿症でみられる痛みってどんなの?

蓄膿症ではいろいろな部分に痛みがでる場合があります。

以下に痛みが見られる部位をあげます。

 

・頬

・頭

・歯

・おでこ

・目の周り

 

このように、頭、顔の広い部分で痛みが出る可能性があります。

そのため、虫歯や目の病気など他の病気だと思う場合も少なくありません。

では、なぜ蓄膿症でこのような痛みがでるのでしょうか。

そこで、蓄膿症の病気と痛みの原因を紹介します。

 

なぜ蓄膿症で痛みがでるの?

蓄膿症は別名を慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)と呼びます。

その名の通り、顔にある副鼻腔と呼ばれる4つの穴の粘膜が細菌などに感染して炎症を起こしている状態です。

蓄膿症はその炎症がきっかけで、痛みをともなうことがあります。

4つの穴は、おでこや目の近く、うわあごの部分にあるので、紹介したような部分に痛みが生じるのです。

また、歯の痛みに関しては、虫歯が原因でうわあごにある副鼻腔に炎症を起こすことがあり、虫歯と蓄膿症は決して無関係というわけではありません。

 

 

蓄膿症の治療は薬が基本!治らない場合は手術も

蓄膿症の治療はまず薬の内服やネブライザーによる吸入などから始めます。

内服は炎症を引き起こしている細菌に対して、マクロライド系と呼ばれる種類の抗生物質を使用します。

ネブライザーは炎症を抑える薬などを霧状にして鼻から吸い込むことで、症状の緩和を図ります。

重症でなければ、多くの場合にこられの治療で改善しますが、長期間治療しても改善が見られなかったり、内服での治療が難しかったりする場合は手術を行います。

最近では、安全性の高い内視鏡よる手術が増えており、原因となっている粘膜を取り除くことで症状が改善されます。

 

 

細田耳鼻科での蓄膿症の治療法

当院では、以下5つの強みをもって、日帰り手術にて症状を改善できるようにしました。

「痛みのない進化した局所麻酔で患者さまとコンタクト取りながら進行」
「リスクの低いオリジナル器具の開発」
「病気の完治を目的にし、治療計画を立てる」
「圧倒する技術力」
「日帰り手術実数 1,000件以上」

他院で改善されない・治らない方も多数いらっしゃいます。

当院は「最小限の通院回数で最高の医療を提供したい」というポリシーを持っています。例えば、副鼻腔炎ではお薬の治療を2か月続けても不変であれば、手術的な治療を選択します。
病気の完治を目的とし、手術治療によって患者さまが病気を気にせず、日常に戻るために尽力します。

手術代はいくらかかるの?

副鼻腔炎の程度により内視鏡下副鼻腔手術の施行範囲に段階があり、それに伴って保険点数も異なります。
また、年齢、所得、限度額認定証の有無などでも大きく異なります(3割負担で日帰り局所麻酔 両側手術の場合、約10万~20万円)
費用について、詳しくはこちら
詳しくは、具体的手術方法が決定した時点で説明させて頂きます。高額医療限度額認定証の取得については、ご加入の保険者にお問い合わせ下さい。
また、副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)のページでも詳しく記載しておりますので、よろしければご確認下さい。