真珠腫性中耳炎

HOME>耳の病気・治療>真珠腫性中耳炎
真珠腫性中耳炎

原因について

真珠というきれいな名前がついていますが、中耳、内耳を破壊していく中耳炎の中でも良くないタイプです。真珠腫とは、実は耳垢が鼓膜の奥で堆積したもので、一見真珠の様に見えることから付いた名前です。耳垢は本来耳の外に排出されるものですが、耳管機能が悪い場合や鼻ススリの習慣などで、鼓膜の一部が陥凹して袋状になると、その中に耳垢が貯まり続け、真珠腫が形成されます。この真珠腫は、次第に中耳や内耳の構造物を破壊していきます。

症状について

真珠腫は細菌感染も伴いますので、耳漏や耳痛を繰り返します。はじめは伝音性難聴ですが、内耳にも障害が及ぶと感音性難聴、耳鳴り、めまいも出現します。また、顔面神経を破壊して顔面神経麻痺(顔の半分が動かなくなる)を起こしたり、まれに頭蓋内に進展することがあります。

治療法について

真珠腫に対しては基本的には手術(鼓室形成術)が必要です。しかし、初期のものなどでは、基礎に存在する耳管機能の問題、鼻ススリの習慣を制御することなどで、保存的治療も可能です。
当院では、全身麻酔手術は近隣の岩野耳鼻咽喉科サージセンターで一泊入院、局所麻酔が可能な場合は、当院で日帰り手術を行います。