突発性難聴

HOME>耳の病気・治療>突発性難聴
突発性難聴

kan_img_1_01

原因について

アブミ骨から伝わった音振動は蝸牛のリンパ液に伝えられます。このリンパ液の振動は、基底板を通して有毛細胞という神経細胞を振動させ、この有毛細胞により音振動が電気信号に変換されます。突発性難聴では、この有毛細胞が障害され、感音性難聴が生じます。
有毛細胞が障害される原因は、いまだ不明ですが、血流障害説とウィルス説があります。ストレスにより誘発されると考えられています。

症状について

正常の耳に、ある日突然に一側性の難聴が起こるのが 他の難聴と異なる最大の特徴です。耳鳴りや耳のつまった感じを伴うことも多く、重症例ではめまいを伴います。
伝音性難聴では音を大きくするとそ分んだけクリアーに聞こえますが、有毛細胞の障害で起こる感音性難聴では、大きな音を聞くと音が割れて やかましく聴こえ、言葉の弁別(識別)も悪くなります。
突発性難聴は、一般的には再発したり反対の耳に起こることは少ないですが、経過でメニエール病や特発性両側性感音難聴などに移行するものや、まれに聴神経腫瘍という脳腫瘍が潜んでいることがあります。従って、脳波検査(ABR:聴性脳幹反応)あるいは脳のMRI検査で重大な疾患がないか調べる必要があります。

 

治療法について

発症早期にステロイド、ビタミン剤、血流改善剤などの投与、および十分な安静と睡眠が重要です。発症から約2週間以上を経過すると、治療効果が低くなります。重症例や糖尿病などの基礎疾患を有するときは、入院が必要となる場合があります。