日帰り手術について|目的

sp_ope_01

日帰り手術の目的

欧米では、1980年ごろより日帰り手術が始まり、現在ではよほどの理由が無い限り、ほとんどの手術が日帰りとなります。しかし、本邦では保険制度の違いも影響していますが、日帰り手術は未だ浸透していないのが現状です。当院では、開院当初(2000年4月)より中耳炎や副鼻腔炎に対して局所麻酔による日帰り手術を行ってきました。高度な中耳炎や難聴に対する鼓室形成術およびアブミ骨手術や副鼻腔炎に対するESSを全例に日帰りで行っている施設は、現在でも国内では当医院以外ほとんどないものと思いますす。


当院が日帰り手術を
積極的に行うようになった理由

大きくは、手術の安全性が高まったことによります。特にアブミ骨手術では、当院では、外リンパ瘻を生じない工夫(薄い膜組織でシールドする方法)で術後のめまいを防止しており、患者さんは手術当日に歩行帰宅されています。これらの技術的改良などで、入院が必要となるトラブルが9年間連続で発生しておらず、当院における予定外入院の確率は0.3%(2/667)で、欧米報告の約4%と比較してもかなり低率となっています。また、副鼻腔炎の手術では、当院ではパワーパンチという術野を常に洗浄しながら使える手動式切除鉗子を開発し多数の手術を行ってきましたが、視器の損傷は一例もなく、短時間の手術が可能です。
あらゆる点で手術技術の改良に取り組んでおり、入院手術を行っていた勤務医時代よりも手術成績、特に聴力成績と再発率が大きく改善しました。また、これらの内容を耳鼻咽喉科の多くの学会で報告してきました。
日帰り手術といっても「術後毎日通院が必要であれば、入院する方がましだ」ということになります。当院では、鼻の手術、耳の手術共に手術後2〜3日で通常の日常生活や軽労働は可能となり、早期の社会復帰が可能です。