細田耳鼻科 EAR CLINIC

耳管開放症

耳管開放症

病態

耳管は気圧変化に対応するため、鼻から中耳に空気を送り、中耳圧を保つ働きをしています。正常では、嚥下運動やアクビをした時に一瞬だけ耳管が開き、空気を送ったあと直ぐに閉じます。耳管が常に開いた状態になることを耳管開放症と言います。 急性に発症したものでは、急激な体重減少などが原因となります。

症状

耳管が開いた状態では、自分の声が大きく聞こえる(自声強調)、呼吸音が聞こえるなどの症状があり、会話が辛くなるなほどの苦痛を感じます。下を向いたり、横になると耳管は閉鎖するので、その間だけ症状は消失します。自声強調を回避するために、鼻ススリで中耳陰圧をつくり耳管を強制的に閉鎖することを自然と身につけている患者さんがよくおられます。しかし、この中耳陰圧が滲出性中耳炎や真珠腫性中耳炎などを惹起している場合があります。 伝音性難聴が生じますが、長期間持続するものでは感音性難聴やめまいも起こります。

治療

軽症例では体重コントロール、耳管への生理食塩水の点鼻法を行います。中等症以上では、耳管内ルゴール注入、鼓膜チュービング、難治性のものでは、経鼓膜的シリコン挿入、耳管内脂肪注入などを行います。

page top