先天性外耳道閉鎖

HOME>耳の病気・治療>先天性外耳道閉鎖
先天性外耳道閉鎖

den_img_1_02

原因について

 遺伝的要因などが考えられます。

症状について

先天的に外耳道が閉鎖したもので、耳介の奇形を伴います。耳介が非常に小さいか、ほとんど形成されず(低形成)、外耳道がなく閉鎖しています。また、中耳や内耳の奇形や低形成を伴うことがあります。 非常に高度な伝音性難聴となります。

 

治療法について

外見上問題となる耳介の奇形や低形成に対しては、幼児期に形成外科による耳介形成術を行います。両側性の外耳道閉鎖など聴力改善を必要とする場合は、外耳道形成術を行います。但し、この手術の難易度は高く、再建された外耳道が再狭窄したり、再建された鼓膜が浅い位置に移動(鼓膜浅在化)したりすることがあり、目的の聴力が得られない場合もあります。